ポリピュアEX
公式通販サイト
POLYPURE EX official site

トップ 開発秘話 商品一覧 返金保証 お得な定期 育毛コラム
お申し込みは年中無休24時間受付 フリーダイヤル0120-529-270

正しいケアで効果を実感!頭皮マッサージの方法と注意点

髪には頭皮マッサージが良いといわれていますが、具体的にどのような方法で行うのでしょうか。頭皮も年齢とともに老化するので、正しいケアを行わないと抜け毛や薄毛の原因になるだけではなく、顔のたるみにも繋がってくるのです。

本記事では頭皮マッサージをする際に知っておきたいツボや正しい方法、注意点について解説しますので、日々の頭皮ケアにぜひご活用ください。

頭皮マッサージで期待できる効果とは

頭皮マッサージの効果は頭皮の血行促進というイメージがある方も多いかと思いますが、実はそれだけではありません。どのような効果が得られるか見てみましょう。

頭皮マッサージで期待できる効果①頭皮のたるみ予防

頭皮も同じように体の皮膚ですので、顔の皮膚のように年齢と共にたるみが出てきます。

頭皮マッサージで頭皮を下から上に持ち上げることで、たるみ予防にもなり、それと同時に顔のリフトアップ効果も期待できるといった嬉しい効果があります。

頭皮マッサージで期待できる効果②頭皮の血行促進

頭皮にはリンパ管がたくさん存在しており、マッサージで頭皮を刺激することで血行が促進されます。血行が良くなることで髪に栄養が行きわたり、抜け毛や薄毛になりにくくなります。

頭皮マッサージで期待できる効果③白髪の予防

頭皮マッサージで血行を良くし、頭皮に栄養がきちんと届くようにすることで、抜け毛や薄毛だけではなく白髪の予防にもなります。また、血行が良くなることで酸素や栄養が肌に行き渡り、顔色が明るくなるなどの美容効果も期待できます。

頭皮マッサージで期待できる効果④気分がリフレッシュ

頭皮マッサージで頭皮に刺激を与え、こりを解消させることは、リラックスにもなります。特にオフィスワークで長時間パソコンを使用する方などは、頭皮マッサージで気分をリフレッシュさせましょう。

頭皮マッサージで期待できる効果⑤肩こり・首こりの改善

頭皮と頭蓋骨の間をずらすことを意識して頭皮マッサージを行うと、頭皮の血流が良くなります。頭皮の血行が良くなると、その周辺にある肩や首の血行も促進されるので、首こりや肩こりを改善する効果が期待できます。

「ツボ」をおさえて効果促進!頭皮マッサージをする際に知っておきたいツボ5点

ここでは、頭皮マッサージをする際に知っておきたいツボ5つをご紹介します。ツボをおさえたマッサージを心がければ、上記でご紹介した効果に加えてさらなる血行促進も期待できます。

ツボ①:神庭(しんてい)

1つめにご紹介するツボ「神庭(しんてい)」は、発毛の促進やめまい、イライラ防止などに効果があるといわれています。

「神庭」は、額の中心の、髪の生え際よりも約1cm上にあるくぼんでいる部分です。ツボ押しの同時に、ツボ周辺の凝り固まった筋肉をマッサージしてほぐすと、より効果が期待できます。

ツボ②:風池(ふうち)

2つめにご紹介するツボ「風池(ふうち)」は、頭痛や首の痛み、風邪の症状などに効果があるといわれています。

「風池」は、耳の後ろにあるとがった骨と髪の生え際の真ん中とを結んだ中間部分です。押したりマッサージしたりするのはもちろん、鍼や灸でも非常に効果が期待できます。

ツボ③:完骨(かんこつ)

3つめにご紹介するツボ「完骨(かんこつ)」は、頭痛や耳鳴り、不眠症の症状などに効果があるといわれています。

「完骨」は、耳の後ろにあるとがった骨(乳様突起)のすぐ下の部分です。2つめにご紹介した「風池」を見つける際のガイドラインとなる骨の下にあるので、併せて覚えておきましょう。

ツボ④:百会(ひゃくえ)

4つめにご紹介するツボ「百会(ひゃくえ)」は、頭部のだるさや耳鳴り、また、頭からは遠く離れた胃腸や肛門などの症状に効果があるといわれています。

「百会」は、頭のてっぺん部分です。厳密には、左右の耳の穴を結んだ線と、頭の正中(二等分する真ん中部分)を通る線との交点を指します。

ツボ⑤:懸釐(けんり)

5つめにご紹介するツボ「懸釐(けんり)」は、片頭痛やめまい、集中力の向上に効果があるといわれています。

「懸釐」は、こめかみから頭のてっぺんに向かって、指2本分空けた部分です。分かりにくいときは、歯を噛みしめたときに動く部分を探してみましょう。

頭皮マッサージのやり方

それでは頭皮マッサージの具体的なやりかたについて見てみましょう。

頭皮マッサージというと、指先で掴んで刺激するというイメージを思い浮かべる方もいらっしゃるかと思いますが、大切なのは、刺激したい範囲や箇所に応じて、指先・指全体・手の平下部などを上手に使い分けることです。

というのも、頭皮には頭蓋骨があるため、血行を良くするには指先・指全体・手の平下部などを駆使して「押す」、「しっかりこする」、「もむ」を組み合わせる必要があります。

ただしこするときは、頭皮を傷めないように濡れている時は避けて、頭皮のすべりが良い状態で行うのがおすすめです。

ここでは、おすすめの頭皮マッサージのやり方を解説します。

  1. 5本の指先で、頭皮全体をもみほぐす
  2. 真ん中3本の指先や指全体で、頭皮を押しながら引き上げる
  3. 両手指先で、頭中央部分の気持ちいいツボを1ヶ所につき3秒押して離す

より頭皮をほぐしたいときは、真ん中3本の指先で頭皮を引き上げる前に、両手の平で頭をはさんだり押したりして頭皮を動かすのがおすすめです。

側頭部や後頭部、首を先にほぐすことで、前頭部や頭頂部の動きが良くなるので、その後のツボ押しもやりやすくなります。

ツボを押すときは、深呼吸をしながら息を吐くことを意識し、リラックスして行うようにしましょう。

頭皮マッサージにおすすめのグッズ

上記のようなツボ押しの他に、頭皮マッサージをする上でお役立ちグッズを活用してみることもおすすめです。

ドラッグストアで気軽に購入できる大き目のブラシがあると、頭皮マッサージだけではなく普段のブラッシングに使えるので便利です。

また、自宅で美容院のヘッドスパ気分を味わいたい方は、マッサージ器もおすすめです。電動タイプから洗浄タイプ、手動ブラシタイプまでさまざまな種類があります。

頭皮に負担をかけずに使えるオイルも便利です。シャンプーだけでは落とすことの出来ない、毛穴につまった汚れもオイルが取り除いてくれます。毛穴のつまりは発毛の促進を阻害してしまうこともあるため、オイルなどを使ってケアしてみるのも良いかもしれません。

頭皮マッサージをする際の注意点

頭皮マッサージの際に爪を立ててしまうと頭皮が傷つき、そこから雑菌や汚れが繁殖する原因になります。頭皮を健康な状態に保つためには、指の腹で優しくマッサージしてあげましょう。

頭皮マッサージでは頭皮を清潔にしておくことも重要です。頭皮が汚れていると、余分な皮脂やごみ・ホコリなどがマッサージにより更に拡散される場合があります。毛穴詰まりの原因にもなりますので、頭皮をマッサージする際にはブラッシング・シャンプーなどで汚れをしっかり落としてから行うと良いでしょう。

また、あまり長い時間頭皮マッサージを行うと、頭皮に負担がかかってしまうこともありますので、数分以内にとどめましょう

正しいポイントを押さえて頭皮マッサージをしよう

頭皮マッサージは、正しいポイントを押さえつつ行うことが重要です。張りのある髪を維持するために頭皮環境を整えたい方は、育毛剤を使ってみても良いかもしれません。

育毛剤「ポリピュアEX」は、4つの有効成分と独自の成分である「バイオポリリン酸」をはじめとするサポート成分も配合。発毛促進や育毛だけではなく、頭皮のふけやかゆみにもアプローチするので、頭皮の健康を保ちたい方にぜひご利用していただきたい育毛剤です。

頭皮マッサージに役立つツボや正しい方法を知り、頭皮環境の改善をしながらいつまでも張りのある美しい髪を保ちましょう。