ポリピュアEX
公式通販サイト
POLYPURE EX official site

トップ 開発秘話 商品一覧 返金保証 お得な定期 育毛コラム
お申し込みは年中無休24時間受付 フリーダイヤル0120-529-270

日焼けは頭皮や髪にどのような影響を与える?対策やケアの方法もご紹介

日焼けは頭皮や髪にどのような影響を与えるのか、効果的な日焼け対策について知りたいという方は多いと思います。

そこで本記事では、日焼けによる頭皮や髪への影響や日焼け対策、日焼けしてしまったときのケア方法について解説します。

頭皮や髪が日焼けすると何が起こる?

結論から書くと、日焼けは頭皮や髪に悪影響を与えます。

以下では、これらの悪影響について、1つずつ詳しく解説していきます。

頭皮のヤケドや乾燥により薄毛のリスクが上がる

頭皮や髪が日焼けで熱ダメージを受けると、いわゆるヤケドの状態になります。そして、症状が落ち着くとかゆみが現れます。かゆみが我慢できなくて頭皮を引っ搔いてしまうと、よりヤケドの炎症が強くなったり色素沈着したりする可能性があるので、避けなければなりません。

また、紫外線は髪のキューティクルにもダメージを与えます。キューティクルがダメージを受けると髪の水分が流出してしまうため、髪が乾燥する原因になります。頭皮が乾燥すると敏感な状態になり、頭皮環境が乱れて薄毛のリスクが上がるので注意が必要です。

髪がパサつく

紫外線によるダメージでキューティクルが傷ついて剝がれてしまうと、乾燥の原因になるほか、髪のパサつきにも繋がります。

髪のツヤがなくなったり手触りが悪くなったりして、ダメージが目立つ髪になるので、きれいな髪を維持したい方は紫外線には注意したいところです。

白髪が増える

頭皮が紫外線を浴びると、メラニン色素を生成するメラノサイトにダメージを与える活性酸素が大量に生成されるといわれています。

そもそも白髪は、髪を黒色や茶色に色づけているメラニン色素が生成できなくなることで生えてくるもの。つまり、メラノサイトがダメージを受けるとメラニン色素を十分に生成できなくなることは、髪を色づけられなくて白髪が増えてしまう可能性があることを意味しているのです。

また、紫外線そのものがメラニン色素を分解して、髪を白くしてしまうこともあります。

とはいっても、紫外線を浴びたらすぐに白髪が増えるわけではなく、あくまでもダメージの蓄積が原因です。長い目で見て、今日からでもすぐに紫外線対策をすることが、白髪を減らす一歩になるといえるでしょう。

ヘアカラーが色落ちする

ヘアカラーは、髪のキューティクルを開いて色素を染み込ませるという仕組みでおこなわれているものです。

上でみたように紫外線によるダメージを受けると、キューティクルが傷ついたり剥がれたりする原因になるので、せっかく染み込ませたヘアカラーの色素が流出して色落ちしやすくなってしまいます。

また、紫外線そのものが色素を分解して髪色を変化させることもあります。「ヘアカラーの色持ちが良くない」というお悩みがある方は、紫外線によるダメージ蓄積が原因かもしれません。

抜け毛が増える

頭皮が紫外線を浴びると、頭皮の老化が進んで、血行不良になってしまいます。

血行不良になると栄養が毛根にまで行き届かなくなり、抜け毛を引き起こす原因になるので、注意が必要です。

頭皮や髪を紫外線から守る日焼け対策4つ

以上から、日焼けをして紫外線を浴びることは、頭皮や髪にとって良くないということがお分かりいただけたかと思います。遅かれ早かれ、紫外線は頭皮や髪に悪影響を与えるので、今のうちから日焼け対策をしておくことが大切です。

以下では、日常生活でできる日焼け対策を4つご紹介します。

帽子をかぶる

帽子は、ファッションアイテムであるほか、紫外線や直射日光から頭皮や髪を守る役割があります。かぶる場合は、UVカット(99%)で、かつ清潔・通気性の良い帽子がおすすめです。

ただし帽子をかぶると、頭部が蒸れる原因になります。蒸れてしまうと、雑菌の繁殖、摩擦により髪が痛む、分け目が固定されて薄毛に見える、血行不良など、頭皮や髪にとってはさまざまなデメリットとなってしまうのです。

そこで、頭皮や髪を紫外線から守りつつ蒸れを防ぐには、頭皮と髪が乾燥した状態で帽子をかぶるようにするのがおすすめです。もし汗をかいた場合は、こまめに拭くようにしましょう。

頭皮用の日焼け止めスプレーを使用する

日焼け止めスプレーは、手を汚さずに日焼け止めを塗布できるほか、コンパクトなので持ち運びにも向いています。

顔や身体に吹きかけるイメージのある日焼け止めスプレーですが、頭皮用のアイテムも用意されています。頭皮や髪に塗り込むのではなく、頭に吹きかけるように使いましょう。

日傘をさす

「日傘=女性」というイメージがあるかもしれませんが、男性用の日傘も販売されています。使用する場合は、帽子と同じくUVカット(99%)のアイテムがおすすめです。

ここまでにご紹介したほかの日焼け対策と併用することでさらに強力になるので、対策の1つとして取り入れてみましょう。

髪の分け目を変える

髪の分け目を変えると、これまでむき出しになっていた頭皮が髪で覆われるので、紫外線が頭皮まで届きにくいようにすることができます。

ただし、あくまでもこちらは、頭皮しか守ることができません。ほかの日焼け対策と併用しないと、乾燥やパサつきなど髪へのダメージは避けられないので注意が必要です。

頭皮や髪が日焼けしてしまったときのケア方法

「長時間外出していた」、「うっかり日焼け対策を忘れてしまっていた」などで、頭皮や髪が日焼けしてしまうこともあるかと思います。

ここでは、万が一日焼けしてしまったときのケア方法をご紹介します。ケアをするのとしないのとでは、蓄積するダメージの量が大きく変わってきます。日焼けしてしまったとしても諦めないで、念入りにケアをしていきましょう。

育毛剤やトリートメントを使用する

日焼けした頭皮や髪は、ダメージを受けて乾燥・パサつきのある状態です。なので、保湿成分が含まれている育毛剤やトリートメントで、しっかりとケアをしていきましょう。

育毛剤「ポリピュアEX」は4つの有効成分のほか、独自成分「バイオポリリン酸」と相性のよい保湿成分である「低分子コラーゲン」「ヒオウギ抽出液」が配合されており、頭皮環境を整えることが期待できる製品です。

ここでは例として、洗髪後を想定した「ポリピュアEX」の使い方をご紹介します。

  • 髪をタオルドライする
  • 育毛剤を吹きかける
  • 頭皮全体にすり込む
  • 5~10分経過したら、水分を拭き取る
  • ドライヤーで髪を乾かす

頭皮・髪への影響を考え低刺激性のシャンプーを使用する

とくに日焼けのリスクが高い夏期は、低刺激のシャンプーを使い、髪の毛を洗いすぎないようにすることが大切です。というのも、洗浄力の高いシャンプーは、適正量を超えた使い方をすると頭皮の油分を必要以上に洗い落としてしまいます。

上記のとおり、日焼けした頭皮や髪はすでに乾燥状態にあります。刺激の強いシャンプーを使用して症状を悪化させてしまわないように、シャンプー選びにも気を遣いましょう。

頭皮にダメージを与えないようにやさしく乾かす

シャンプーしたあとは、頭皮と髪をタオルで包んでやさしく乾かすようにしましょう。

ドライヤーも熱ダメージを与えるものなので、髪の毛から15cm以上離し、根元から毛先に向かって乾かすのがコツです。ドライヤーを髪に向かって斜め45度下にして乾かすと、キューティクルを傷めずに乾かすことができます。

面倒くさくて、ドライヤーをせずに自然乾燥させる日もあるかもしれませんが、生乾きは雑菌が増えて頭皮状態が悪化する原因になることもあります。濡れた状態の髪で長時間放置せずに、ドライヤーを使用してやさしく乾かすようにしましょう。

日焼けは頭皮や髪に良くない!しっかりと対策しよう

日焼けによる頭皮や髪への影響や日焼け対策、日焼けしてしまったときのケア方法について解説しました。日焼けによる紫外線ダメージは、薄毛や抜け毛、白髪につながるほか、パサつきやヘアカラーの色落ちなど、髪をきれいに保ちたい方にとって良くありません。

本記事でご紹介した日焼け対策を日常に取り入れたうえで、もし日焼けしまったときは念入りなケアをして頭皮や髪を労わっていきましょう。

ケアに使用する育毛剤のおすすめの1つとしては、独自成分がナノサイズで角質まで浸透できる「ポリピュアEX」が挙げられます。ぜひ検討してみてください。