ポリピュアEX
公式通販サイト
POLYPURE EX official site

トップ 開発秘話 商品一覧 返金保証 お得な定期 育毛コラム
お申し込みは年中無休24時間受付 フリーダイヤル0120-529-270

【フケが多いと感じたら】原因は○○だった!対策をご紹介します

「シャンプーしているのにフケが多い」「フケが気になり紺や黒などフケが目立つ洋服が着られない」このようなお悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

清潔にしているつもりでも、実はフケが増える原因を知らないうちに作り出している可能性があります。

そもそもフケはどのようにしてできるのでしょうか?その基本的な情報と、頭皮の状態チェック、フケが出ないようにする対策方法について解説します。

フケとはそもそも何?基本情報を解説

頭を掻いたらフケが出てくることは誰しも体験したことがあると思います。

では、フケとはそもそも何なのでしょうか?そして、なぜフケが出てしまうのでしょうか?まずは基本的な情報について知っていきましょう。

フケとは古くなった頭皮の角質

フケとは頭皮の古くなった角質のことです。頭皮のターンオーバーにより古くなった角質が自然とフケとなるのです。

フケ自体は誰にでもあるものですが、とある原因でフケが多くなることがあります。その原因については後ほど詳しく解説していきます。

フケの多さに性別や年齢は関係する?

フケは男性でも女性でも、子どもでも発生するものです。ただし、性別や年齢、環境よってフケの種類が異なってくるといわれています。

ここからは、フケの種類について詳しく解説します。

フケにはどんな種類がある?頭皮の状態をチェック

フケは頭皮の角質ですが、一口に「フケ」と言っても種類があります。フケの状態で自身の頭皮の状態をチェックすることもできますので、セルフチェックして対策をしましょう。

フケは大きく分けると乾性フケと脂性フケの2種類に分類されます。それぞれどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

細かくパラパラしているフケなら「乾性フケ」

フケの状態が細かくてパラパラしているなら「乾性フケ」タイプです。このタイプは頭皮の乾燥が考えられます。もともと乾燥肌の方や成長期の子ども、暖房などで乾燥しやすい冬の季節に乾性フケが出る人もいます。

また、紫外線やドライヤーのしすぎも乾性フケの原因だといわれています。

湿り気があり大きいフケなら「脂性フケ」

反対に、フケの状態が湿り気やべたつきがあって大きい場合は「脂性フケ」タイプです。男性に比較的多く見られ、ビタミンB群不足やホルモンバランスの乱れが原因だといわれています。

また、ヘアスタイリング剤を落とさずに寝てしまうなど、頭皮が清潔に保たれていないことが原因の場合もあります。

フケはシャンプーが原因になることも

洗浄力が強過ぎるシャンプーを使うと、頭皮の油分が失われるため乾性フケになりやすいといわれています。また、シャンプーの回数が多い方も同じように頭皮が乾燥してしまい、乾いたフケが出やすい傾向があります。

シャンプーを一度に多く出しすぎてしまうこともフケの原因になります。容量は商品パッケージに記載のある方法で正しく行うことが、フケ対策にもなります。良かれと思ってしたことが、シャンプーでは裏目に出てしまうこともあるため、頭皮の状態を健康に保つことを意識すると良いでしょう。

生活習慣の乱れも原因のひとつ

生活習慣の乱れも、フケの原因のひとつだといわれています。バランスの良い食事をとることはもちろん、睡眠をしっかりとり、自分なりの方法でストレスを溜め込みすぎないようにしましょう。

フケをなくす方法はある?

気になるフケですが、フケをなくす方法はあるのでしょうか?完全になくすことはできないとしても、改善する方法はいくつかありますので参考にしてみましょう。

頭皮をしっかりケアする

頭皮マッサージやヘッドスパで頭皮の血行を良くすることで、髪に栄養が行き渡りやすくなります。

<関連記事>

正しいケアで効果を実感!頭皮マッサージの方法と注意点

シャンプーの選び方は頭皮の状態に合わせる

フケをなくすには、頭皮に優しいシャンプーをしっかり選ぶことも大切です。

乾性フケタイプ、脂性フケタイプの方それぞれに向けて作られた商品もたくさんあるので、ご自身にあったものを選んでみてください。

シャンプーのすすぎに時間をかける

シャンプーの洗い残しが原因でフケが出てしまうこともあります。特に襟足やこめかみの部分はすすぎ残しが多いので、丁寧に洗い流すことが大切です。すすぎが不十分だとフケだけではなく、かゆみの原因にもなるので、かゆくて頭を掻くことで頭皮を傷つけてしまう可能性もあります。

また、シャンプーの際は指の腹で優しくマッサージするように行うと、血行も促進され地肌の汚れを取り除くことができます。お手本として「美容室でシャンプーをしてもらう」あの心地よさを目指してみると良いでしょう。

食生活・生活習慣の改善

食生活・生活習慣を改善することもフケ対策には必要です。糖分や油分の多い食事は頭皮にも悪影響を及ぼします。それ以外にも、生活習慣の乱れが自律神経の乱れにも繋がり、ホルモンバランスが崩れることで頭皮に悪い影響を及ぼしかねません。

規則正しい生活を心掛け、レバー、牛乳、納豆などビタミンB2が多く含まれる食材を意識してとりましょう。

フケが多すぎる場合は皮膚科を受診する

上記の対策法を試してみたけれど、それでもフケが減らない場合は皮膚科を受診しましょう。

フケの種類(乾燥・油性)や大きさ、いつからフケが多くなったかなどを医師に伝えると良いでしょう。フケの多さが改善されないなら医師に相談することも念頭にいれることが大切です。

正しいケア方法を知り、フケをなくそう!

この記事ではフケの基本情報やフケをなくす方法について解説しました。フケが多くなるにはいくつかの理由があり、その理由を探ることも対処法のひとつです。しっかりと正しいケア方法を知ってフケをなくしましょう。

頭皮環境を整えるために、毎日使うシャンプー選びにもこだわってみると良いかもしれません。「ポリピュア スカルプシャンプー」は、アミノ酸系ノンシリコンで頭皮の環境を整えるシャンプーで、毛髪・頭皮を清浄し、すこやかに保ちます。頭皮環境を整えることでフケやかゆみも抑えることができるので、気になる方はぜひ試してみてください。