ポリピュアEX
公式通販サイト
POLYPURE EX official site

トップ 開発秘話 商品一覧 返金保証 お得な定期 育毛コラム
お申し込みは年中無休24時間受付 フリーダイヤル0120-529-270

20代でAGAになってしまったら?発症率や原因、対策方法を詳しく解説

20代なのに、薄毛や脱毛が気になってきて、「もしかしてAGA?」と悩んでいませんか?

20代でもAGAになるのか、AGAの治療を受けるべきなのか、気になることは多いでしょう。しかし、デリケートな悩みなので、1人で抱え込んでしまう方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事は、20代のAGAについて詳しく解説します。

発症率や原因、さらには20代でAGA対策を始めるメリット・デメリットについても紹介します。「もしかしてAGAかも…」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

20代でもAGAになる?

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症なので、年齢が上がるにつれて薄毛が目立ちやすくなります。そのため、AGAに対して、40代や50代以降から発症するものというイメージを持っている方は少なくないでしょう。

しかし、20代の若い世代も決して他人事ではないのです。

AGAの発症には男性ホルモンが関与しているので、思春期以降に発症することがほとんどです。思春期以降なら誰しも発症する可能性があるので、20代でもAGAになり得ます。

40代や50代に比べると発症率は低いものの、20代で発症する方がいるのは事実。「若いから大丈夫」ということはありません。

20代のAGAの発症率

AGAは日本人の約3分の1が発症している脱毛症です。

日本皮膚科学会ガイドラインの「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」によると、20代のAGA発症率は約10%といわれています。10人に1人の割合で発症しているので、思っているよりも身近な存在に、危機感を持たれた方も多いことでしょう。

日本人男性は、20代後半から30代にかけてAGAの症状が現れやすくなります。

AGAの初期症状には、抜け毛の量が増える、髪の毛のハリやコシがなくなる、髪のボリュームが少なくなるなどが挙げられており、年齢とともに薄毛は進行します。そして、徐々に進行したAGAは、40代以降に完成されることが多いようです。

20代でAGAになる原因

AGAの主な原因は、男性ホルモンによる影響であることが大前提にあります。男性ホルモンの影響によりヘアサイクルが乱れることで、徐々に生える髪よりも抜ける髪のほうが多くなり、頭皮が目立ち始めるのです。

ただし、20代という若さで薄毛が気になる場合は、AGAの症状を進行させている原因が他にあるかもしれません。

そこで、AGAにつながる主な原因を紹介します。

遺伝

AGAの発症には、遺伝が関係している場合があります。遺伝との関係性を知るうえで、まずはAGAが起こる流れを把握しておきましょう。

AGAが起こる流れは、下記のとおりです。

①男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合
②ジヒドロテストステロン(DHT)に変換される
③男性ホルモンレセプターとDHTが結合
④脱毛因子TGF-βが増加し、毛乳頭や毛母細胞に脱毛の命令を出す

遺伝が関係するのは、「5αリダクターゼの活性度」と「男性ホルモンレセプターの感受性」です。

5αリダクターゼは、活性度が高くなるほどDHTへと変換されやすくなります。活性度の高さは親から子へ遺伝しやすいので、父もしくは母方の家族が薄毛の場合は、その子供も薄毛の体質を受け継いでいる可能性があります。

また男性ホルモンレセプターの感受性の強さは、母方の家系の影響を受けやすいものです。最終的にAGAを発症するかどうかは、男性ホルモンレセプターとDHTが結合するかしないかによって決まります。感受性が強ければ、AGA発症率が高まるのは当然ともいえるでしょう。

ただし、家系に薄毛の方がいるからといっても、必ずしもAGAになるというわけではありません。父や母方の家系に薄毛の方がいても、薄毛とは無縁の方もいます。思いつめるとストレスとなり、かえって薄毛を招く恐れがあります。

遺伝はあくまでも可能性の1つである、という認識に留めておきましょう。

ストレス

過剰にストレスは自律神経を乱し、薄毛を招くことがあります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、2つのバランスが保たれることで、内臓や血管などの機能をコントロールしています。

しかし、強いストレスがかかると、交感神経が優位となり、緊張状態となります。すると、血管は収縮し、血流が悪化。頭皮を含め、全身が血行不良に陥ります。

髪の成長に必要な栄養素は血液によって運ばれるので、血行不良に陥れば、十分な栄養が届かなくなり、薄毛につながります。

生活習慣

食生活の乱れや睡眠不足などは、AGAを進行させる可能性があるので、注意しなければいけません。髪の成長には、食事から摂取した栄養や睡眠中に分泌されるホルモンの働き必要不可欠です。

食生活が乱れると、髪の成長に必要な栄養が不足し、ハリやコシのある健康的な髪が成長しにくくなります。また睡眠不足は、頭皮の細胞を修復するホルモンの分泌量が少なくなり、頭皮環境の悪化を招く恐れがあります。

特に、20代は学生から社会人へとステップアップする方が多くなる年齢層です。仕事で覚えることも多く、生活習慣に気を付ける余裕すらない方も少なくないでしょう。

外食が多くなりがちであったり、十分に睡眠を取れないといった方は、生活習慣を一度見直すことをおすすめします。

間違ったヘアケア

髪の汚れや頭皮のニオイなどが気になり、1日に何度も髪を洗っていませんか?過剰なヘアケアもまた、薄毛を悪化させる原因になります。

1日2回以上の洗髪は、頭皮に負担をかける上に、皮脂を必要以上に洗い落としてしまいます。すると、頭皮は乾燥し、フケや痒みなどが発生しやすくなります。頭皮環境は悪化するので、健康的な髪が育ちにくい状態に陥るというわけです。

頭部の血行不良

髪を成長させるために必要な栄養素は、血液によって運ばれます。頭部が血行不良に陥れば、十分な栄養素が運ばれなくなり、髪はやせ細ってしまいます。やせ細った髪は、健康的な髪よりも抜けやすいので、徐々に抜け毛の量が増え、次第に薄毛が目立ちやすくなるのです。

頭部の血行不良を招く原因には、運動不足や偏食、睡眠不足、ストレス、紫外線、加齢などが挙げられています。

20代でAGA対策を始めるメリット・デメリット

20代でAGA対策を始めるのには、メリットとデメリットがあります。それぞれを理解し、AGA対策を実践するべきか否か、自分なりに判断してみましょう。

20代で始めるAGA対策のメリット

「20代でAGA対策を始めるのは早すぎる」と思っていませんか?しかし、若いうちから対策することで得られるメリットは、どれも魅力的なものばかりです。

AGA対策に後ろ向きの方も、どんなメリットがあるのかチェックしてみてください。

髪が生え変わる期間を長引かせられる

髪の毛は生えては抜ける流れを繰り返す「ヘアサイクル」があることで、健康的な髪を一定量保てています。しかし、このヘアサイクルには上限があり、一生涯繰り返されるわけではありません。

20代でAGAを発症すると、ヘアサイクルを早い段階で消費する恐れがあるので、AGAが疑われる際は、ヘアサイクルが消費しきる前に早めの対策を取るべきです。

適切な治療を受けられる

クリニックに通えば、適切な治療を受けられます。一般的には、AGA治療薬の処方から始められることがほとんどです。クリニックで処方される薬は安全性・効果が認められているので、安心して服用できます。

20代で始めるAGA対策のデメリット

進行性の脱毛症なので、対策は早いに越したことはありません。しかし、20代でAGA対策を始めるには、デメリットがあることも覚えておきましょう。

治療費の負担が大きい

AGA治療は全額自己負担です。社会人になりたての20代にとって、給与に対して治療費の割合は大きくなる恐れがあります。

治療費はクリニックによって異なりますが、一般的な治療方法である投薬治療の場合、1ヶ月あたり15,000~20,000円ほどが相場です。症状が進行していれば、注入治療など他の治療方法も併用するので、治療費はさらにかかります。

毎月15,000~20,000円の出費は、20代の若手にとっては負担になるでしょう。

子どもがほしい場合には注意が必要

20代で家庭をもち、子供のことを考える方もいるでしょう。しかし、AGA治療薬のなかには、性機能に影響を与える薬もあります。

子作りに直接的な影響はないといわれているものの、性欲減退やEDなどの副作用が現れる可能性があるので、子作り中には控えたほうがよいと判断されるかもしれません。

子どものことを考えている場合は、担当医師に相談するようにしましょう。

20代でも早めにAGAの対策をすることが重要

20代でもAGA対策をするのは、決して早すぎることではありません。ヘアサイクルに上限がある以上、むしろ早めの対策が必要といえます。

とはいえ、クリニックでの治療は高額になりやすく、経済的に通い続けるのは厳しい場合もあります。

そこでおすすめなのが育毛剤です。「AGA」という疾病の治療にはなりませんが、クリニックに通わなくても、頭皮をきれいにする・保湿を行って頭皮環境の悪化を防ぐなど、育毛剤であらかじめ薄毛の対策を行うことは可能です。

ドラッグストアやネット通販で購入できる育毛剤は、手軽に試せる薄毛対策の1つです。

ポリピュアEXの特徴

ポリピュアEXは、バイオポリリン酸をはじめとした保湿成分と4つの有効成分(ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、パントテニルエチルエーテル)を配合した薬用育毛剤です。

育毛や薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進の効果が期待できるので、抜け毛が増えてきた方や髪のボリューム低下が気になる方などにおすすめです。

またポリピュアEXは、続けやすい価格であるところも特徴の1つです。通常価格は1本(約1~2ヶ月分)あたり7,800円ですが、定期コースやセット販売を利用すれば、割引価格の6,800円でお得に購入できます。

さらに、通販系育毛剤のポリピュアEXは、メーカー直接販売のため在庫切れの心配がありません。買い忘れることもないので、続けやすいのです。

実際に試してみた方たちの口コミ・評判

ポリピュアEXの特徴を把握したところで、実際に使用している方たちは満足できているのか気になりますよね。そこで、使用者の方の口コミを紹介します。

・嫌なベタ付き感がないので、皮脂の多い方でも気持ち良く使えると思います。 また、付けた後は髪がふんわりとボリュームアップしているような気がします。

・この商品は違っていました。返品可能ということで購入し、毎日つけています。 やっと良い商品に出会えたと喜んでいます。

・男女兼用というのも良いですね。 私の使用感を聞いた同い年の友人が是非とも欲しいと希望していますので、お勧めしました。

口コミからは、使いやすい育毛剤であることがわかります。ベタ付き感が少なく、男女兼用なので、夫婦で一緒にヘアケアしたい方やベタ付くのが苦手な方にもおすすめです。

育毛剤は毎日使用することで効果を実感しやすいと謳われています。続けやすいポリピュアEXなら、仕事やプライベートに忙しい20代の方も継続的にヘアケアできるでしょう。

AGAの対策は年代を問わずお早めに!

AGAは20代でも発症する脱毛症です。進行性の脱毛症なので、早めの対策が重要となります。AGAの対策といえば、クリニックでの治療が有効的ですが、若い世代の方たちにとって、いきなり治療をはじめるのは精神的にも金銭的にもハードルが高いものです。

そこでおすすめなのが、育毛剤によるヘアケアです。今回紹介したポリピュアEXは、通販系育毛剤なので、周囲に気付かれないように薄毛対策ができます。また、定期コースなら1日あたり約113円~226円程度で済むので経済的です。

手軽に始められるAGA対策をお探しの方は、ぜひ試してみてください。