ポリピュアEX
公式通販サイト
POLYPURE EX official site

トップ 開発秘話 商品一覧 返金保証 お得な定期 育毛コラム
お申し込みは年中無休24時間受付 フリーダイヤル0120-529-270

頭皮の臭いは「皮脂」が原因!生活習慣の見直しで改善できる

「気づかないうちに臭っていると思ったら、実は頭皮の臭いだった」という経験はないでしょうか。

汗をかいて一時的に汗臭くなることは誰しもありますが、普段から臭う場合は何らかの原因が考えられます。

頭皮の臭いは自身でも気づきにくいため、セルフチェックを行いしっかり対策をとりましょう。

もしかして臭っている?すぐにできる頭皮の臭いチェック

自身の頭皮が臭っているかどうか、まずはセルフチェックをしてみましょう。

  • 寝起きの枕の臭いを嗅いでみる
  • 髪の毛が乾いている状態で扇風機やドライヤーをあててチェックする
  • 頭皮を軽くこすり臭いを嗅ぐ
  • 帽子の臭いを嗅いでみる

4つの方法を試してみて、どれか一つでも当てはまる場合は、「皮脂」が臭いの原因となっている場合があります。

頭皮の臭いの原因は皮脂だった!

頭皮の臭いの原因は「皮脂」ですが、皮脂は髪を滑らかにしたり、頭皮を保護したりする役割を担っています。そのため「臭いから」といって、むやみにシャンプーを洗浄力の強すぎるものに変えたり、ゴシゴシと洗いすぎたりするのは逆効果になります。

そこで、頭皮の皮脂はどのように溜まって臭いのもとになるのか、そのメカニズムについて紹介します。

皮脂は洗髪後4時間~半日程度で頭皮の毛穴に溜まっていきます。過剰に分泌された皮脂やフケをエサにして、雑菌が繁殖し臭いを発生させるのです。洗髪した後にしっかりと乾かさないと、細菌が繁殖してしまい、それが臭いを増長させてしまうこともあります。

また、同じタオルを何度も使い続けると、そこに雑菌が住みついていることもあるので、注意が必要です。頭皮の皮脂は顔の皮脂の2倍以上といわれており、実は皮脂の多い部分です。頭皮の臭いを改善するためには、しっかりと皮脂を抑える必要があります。

臭いの原因は頭皮湿疹の可能性も!

頭皮の臭いの原因は「脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)」の可能性も考えられます。

脂漏性皮膚炎は皮脂分泌の多い部位がなりやすく、とくに汚れや脂が溜まりやすい頭皮は発症しやすい部位といえます。

「臭いだけではなくかゆみも伴う」「フケが多い」などの症状がある場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

<関連記事>

気になる「頭皮湿疹」の原因は!? 特徴や対策についても解説

頭皮の臭い対策|生活習慣の見直しが必要

頭皮の臭い対策を行うにはまず、生活習慣の見直しが必要になります。頭皮の臭いの原因は「皮脂」であるため、皮脂を抑えるための対策をしっかりと行いましょう。

頭皮の臭い対策には以下のような方法があります。

シャンプーの方法

頭皮の皮脂を取り除くには、正しい手順でシャンプーを行いましょう。シャンプーの際に気をつけたいことは、以下のような点があります。

  • まずは予洗いをして汚れを取り除く
  • シャンプーは指の腹で地肌をマッサージするように行う
  • トリートメントやコンディショナーは毛先につける
  • 耳の後ろや襟足などすすぎ残しがないようにする
  • シャンプーは1日1回、皮脂が少ない方は2日に1回がおすすめ(1日1回以上のシャンプーは皮脂が必要以上になくなってしまうことも)
  • シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす(雑菌の繁殖をふせぐため)

皮脂を取り除きたいからといって、ゴシゴシと洗いすぎると頭皮を傷つけてしまいそこから雑菌が繁殖するという悪循環になります。また、トリートメントやコンディショナーは頭皮ではなく髪のコンディションを整えるものですので、毛先だけにつけるようにしましょう。

頭皮の臭い対策におすすめのシャンプー

臭い対策には除菌効果のあるメントール成分が配合されているシャンプーがおすすめです。冷却感があり、爽快な気分にもさせてくれます。

また、臭いだけではなく抜け毛や薄毛が気になるという方は、アミノ酸系ノンシリコンシャンプー「ポリピュア スカルプシャンプー」もぜひ試してみてください。毛髪・頭皮の汗臭やふけ、かゆみを防ぎ、頭皮環境を整えます。

食習慣

糖分を摂り過ぎると、皮脂の分泌が過剰になって毛穴が詰まり、頭皮環境が悪化してしまうことがあります。

バランスの良い食生活が大事ですが、とくに髪に良いとされるビタミンB群は積極的に摂るように心掛けると良いでしょう。ビタミンBを多く含む食品として、緑黄色野菜や乳製品、納豆、卵などがあります。

運動

運動不足の方は汗腺が休眠状態になり、汗が出にくくなっている可能性があります。汗をかかないでいると汗腺の機能が衰えてしまい、臭いを発生するもととなるため、健康のためにも積極的な運動を心掛けましょう。

睡眠

睡眠中に出る成長ホルモンが、ヘアサイクルの活性化を促し、頭皮を健康な状態に保ってくれます。特に睡眠に入って3~4時間後はゴールデンタイムと呼ばれ、成長を促すだけではなく、老廃物の排除もしてくれます。

忙しい方も出来るだけ4時間ほど睡眠をとるようにしましょう。

頭皮の臭い対策は大人のエチケット

年齢を重ねるにつれて気になる髪の悩みですが、薄毛や抜け毛だけではなく、臭いは周囲に不快感を与える原因にもなります。自身の頭皮の匂いが気になりだしたらセルフチェックを行い、生活習慣の改善やヘアケアの見直しを心掛けましょう。

まずはなぜ臭うのか、原因をはっきりさせることが大切です。かゆみがある、フケが多いなど他にもなんらかの症状が出る場合は、皮膚疾患の可能性もあるため早めに皮膚科で相談をしましょう。

臭い対策だけではなく、育毛や抜け毛などの対策も出来るようなヘアケア用品を上手に使いこなすと、頭皮のトラブルを事前に防ぐことができるでしょう。手遅れになる前に、早めのケアを心掛けましょう。