ポリピュアEX
公式通販サイト
POLYPURE EX official site

トップ 開発秘話 商品一覧 返金保証 お得な定期 育毛コラム
お申し込みは年中無休24時間受付 フリーダイヤル0120-529-270

30代は薄毛が気になりだす時期?男女別の原因や対策を紹介

「30代になって薄毛が気になってきた……」、「いつから薄毛対策をすれば良いのだろう」という方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、30代の薄毛事情や男女別の原因、30代からできる薄毛対策について解説します。頭皮ケアにおすすめのスカルプシャンプーや育毛剤もご紹介しているので、参考にしてみてください。

30代は男女ともに薄毛が気になりだす年齢

男性は20代後半から、女性は30代後半から髪の毛が細くなっていく傾向にあるといわれています。

加齢によってヘアサイクルのうち髪が伸びる(成長期)期間が短くなることでヘアサイクルが乱れ、自然と抜け落ちる(退行期)髪や新しく生え変わる(休止期)髪が増えてしまいます。結果、髪が細くまばらになり、頭皮が目立つようになるのです。

30代というのは、男女ともに薄毛が気になりがちな年齢です。また、30代という年齢には、男女それぞれで特筆すべき薄毛の原因が存在します。以下では、その薄毛の原因について詳しく解説していきます。

30代以上の男性に見られる「壮年性脱毛症」とは

30代以上の男性には「壮年性脱毛症」が見られることがあります。壮年性脱毛症とは、30~50代で発症する進行型の脱毛症のことです。発症頻度は30代で20%、40代で30%、50代以降になると40%以上といわれています。

壮年性脱毛症は男性に見られるAGA(男性型脱毛症)の一種で、30代男性の主な薄毛要因の1つです。壮年性脱毛症の症状としては、加齢同様ヘアサイクルのうち成長期が短くなることが挙げられます。広範囲にわたって毛が少しずつ薄くなっていくので、円形脱毛症よりも気付きにくく、日常的に注意しておきたい脱毛症です。

壮年性脱毛症についてより詳しく知りたい方は「壮年性脱毛症とはどんな症状なのか?AGAとの関係性も解説」で要因や対策について解説しているので、参考にしてみてください。

30代以上の女性に見られる「ホルモンバランスの変化による脱毛」とは

30代以上の女性は、女性特有のホルモンバランスの変化によって進行する脱毛が見られることがあります。

とくに多いのが、出産後の脱毛「産後脱毛(分娩後脱毛)」です。産後脱毛(分娩後脱毛)は、出産前後にホルモンバランスの変化とその影響で起きるヘアサイクルの変化が関係して起こる脱毛のことです。

なぜホルモンバランスの変化が脱毛を引き起こすのかというと、女性ホルモンの1つであるエストロゲンには、髪のツヤを保つ作用があるためです。

エストロゲンは、妊娠することで妊娠前よりも分泌量が増加しますが、産後は妊娠前の量まで一気に減少してしまいます。この急激な女性ホルモン量の変化に体が追い付けなくなってしまい、成長期だった毛が一気に退行期・休止期に移行することで、一時的に抜け毛が増えてしまうという仕組みになっています。

2019年の「人口動態調査」によると、第一子の出生時の平均年齢は30.7歳です。つまり、30代は女性にとって平均的な出産時期に重なるため、産後脱毛が発生しやすい年齢といえます。

30代から始める!薄毛対策5選

ここまで見てきたように、30代は男女ともに薄毛が気になりがちな年齢です。つまり、薄毛対策を行っていかないと、薄毛はどんどん進行していってしまいます。

そこで以下では、30代から始めたい薄毛対策5つをご紹介します。すぐに日常生活に取り入れられるものばかりなので、決して難しくはありません。ぜひ参考にしてみてください。

薄毛対策①食生活の改善

1つめの対策は、食生活の改善です。

バランスの偏った食事で栄養不足になると、ヘアサイクルの働きが疎外されたり、毛の成長が妨げられたりする可能性があります。

薄毛対策の観点でいうと、食生活においてはたんぱく質・亜鉛・ビタミンの3つの栄養素をバランスよく摂取することが大切です。以下では、各栄養素についてさらに細かく解説していきます。

たんぱく質

髪を構成する主成分はケラチンというたんぱく質です。ケラチンは体内で再合成できないため、食事によって摂取する必要があります。豚肉、鶏むね肉、マグロ、卵などに多く含まれていますので、積極的にメニューに取り入れてみましょう。

ちなみにたんぱく質は髪の主成分である前に身体の構成成分でもあるので、生命維持にも欠かせない栄養素です。摂取するたんぱく質が少ないと、髪にまで行き渡らない可能性があります。十分な量を摂取するよう、意識して食事をとることが大切です。

亜鉛

髪の主成分であるケラチンを合成する役割がある亜鉛は、牡蠣、チーズ、豚レバー、ごま、アーモンドなどに多く含まれています。

亜鉛が不足すると、髪のツヤが失われてしまうほか、皮膚の炎症や免疫低下にもつながってしまいます。ただし、過剰に摂取してしまうと胃腸障害やめまいの原因にもなるため、自身の年齢などに即した適量を摂取するようにしましょう。

ビタミン

ビタミンAやEには頭皮を始めとした体の血行を促進する作用が、ビタミンBには育毛効果が期待できるなど、ビタミンは髪のケアにも重要な栄養素です。

ビタミンAはレバー、うなぎなど、ビタミンEは食物油、アーモンドなどのナッツ類から、ビタミンBは魚、卵、納豆などから摂取できます。また各種ビタミンは、ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれているので、野菜を意識して食べることも大切です。

ビタミンBには多くの種類があり、とくに育毛効果が期待できるといわれているのは、ビタミンB2とビタミンB6です。これらは水に溶けやすい性質がある水溶性ビタミンなので、1度に大量摂取するのではなく、数回にわけてこまめに摂取するのをおすすめします。

薄毛対策②ストレスの軽減

2つめの対策は、ストレスの軽減です。

ストレスを感じると、交感神経が活発になって血管が収縮することで、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、頭皮や髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなる可能性があります。

できることとしては、日ごろからストレスをあまりため込まないようにして、ストレス発散方法を見つけておくことが挙げられます。ストレスの軽減は、産後脱毛の対策方法の1つでもあるので、女性はとくに覚えておきましょう。

薄毛対策③生活習慣を見直す

3つめの対策は、生活習慣を見直すことです。

運動不足や睡眠不足など、生活習慣の乱れが薄毛を引き落とすこともあります。例えば運動不足は、血流を悪くしたり体の代謝機能を低下させたりする原因になります。その結果、頭皮や髪に十分な栄養素が届かなくなってしまうのです。

できれば、有酸素運動は毎日、無酸素運動は週に1回行うのが理想です。しっかり続けて、血流の促進・代謝の活性化をして、頭皮や髪の環境を整えておくようにしましょう。

薄毛対策④禁煙

4つめの対策は、禁煙です。

タバコに含まれるニコチンを摂取すると、頭皮の血流が悪化する可能性があります。

また、頭皮の血管(毛細血管)はコラーゲンでできているのですが、コラーゲンの生成にはビタミンCが欠かせません。しかし喫煙は大量のビタミンCを消費する行為であるため、ビタミンCが不足する事態に陥る可能性があるのです。

そのほか、タバコには脱毛ホルモンのジヒドロテストステロンが含まれているなど、頭皮や髪に良い影響を与えません。喫煙者の方は、強いストレスを感じない範囲で禁煙に取り組んでみるのはいかがでしょうか。

薄毛対策⑤頭皮ケア商品の使用

5つめの対策は、頭皮ケア商品の使用です。具体的には、スカルプシャンプーや育毛剤などが挙げられます。

スカルプシャンプーは、頭皮ケアを考えた成分が含まれるシャンプーのことです。頑固な皮脂を落とす洗浄力に加え、保湿成分などによって頭皮の環境を整える効果が期待できます。

「ポリピュア スカルプ シャンプー」は、保湿成分の加水分解ヒアルロン酸や整肌作用のあるトコフェロール酢酸エステル、カキタンニンなどを含んでおり、毛髪・頭皮をすこやかに保ちます。

「薄毛対策=育毛剤」と思われがちですが、日常的に使用するシャンプーの見直しも重要な薄毛対策です。これまで気を遣っていなかったという方はこれを機に意識を変えてみましょう。

また、育毛剤と聞くと「対策の段階で使うのは、まだ早くない?」と思うかもしれません。ただし育毛剤は「薄毛になってから」だけでなく、「薄毛になる前」の対策法としても有効なのです。

さらに、育毛剤は発毛剤と比べて低刺激で肌に優しいので、「薄毛対策しておきたい」という方も始めやすい薄毛対策の1つです。男性の育毛、発毛促進、毛生促進効果だけでなく、
女性の薄毛、病後・産後の脱毛にも効果があるので、幅広い方におすすめできます。

「ポリピュアEX」は4つの有効成分(ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、パントテニルエチルエーテル)を配合し、脱毛の予防、育毛、発毛促進などの効果があります。

また、バイオポリリン酸をはじめとした保湿成分を配合しており、育毛剤による頭皮への刺激を抑えつつ利用できる商品です。

また、育毛剤は最低でも6ヶ月以上使用しないと効果を実感しにくい商品ですが、「定期お届けコース」や「複数本セット」などを展開しており、続けやすさにも配慮しています。

さらにおすすめなのは、「ポリピュアスカルプシャンプーで1日の汚れを落としてから、ポリピュアEXを塗布する」といった、スカルプシャンプーと育毛剤の併用です。

頑固な皮脂を落として頭皮の環境を整える「ポリピュア スカルプ シャンプー」は、当社従来品と比較すると「ポリピュアEX」の浸透をさらに高めてくれます(※)。

※角質層まで。

30代は薄毛が気になりやすい!しっかりと対策しよう

本記事では、30代の薄毛事情や男女別の薄毛の原因、薄毛対策について解説してきました。

30代は、男女ともに頭皮や髪の環境に大きな変化が生じ出す時期です。「薄毛が進んできたかも」「ストレスが薄毛に影響しそう」と感じたら、本記事でご紹介した5つの薄毛対策を参考にして、早めの取り組みを心がけましょう。

食生活の改善やストレスの軽減といった内側からのケアだけではなく、スカルプシャンプーや育毛剤といった外側からのケアも併用して、手厚いケアを行ってみてはいかがでしょうか。