ポリピュアEX
公式通販サイト
POLYPURE EX official site

トップ 開発秘話 商品一覧 返金保証 お得な定期 育毛コラム
お申し込みは年中無休24時間受付 フリーダイヤル0120-529-270

壮年性脱毛症とはどんな症状なのか?AGAとの関係性も解説

30~50代の男性に見られやすい「壮年性脱毛症」という症状をご存じでしょうか?

壮年性脱毛症にはどんな特徴があるのか、AGAと呼ばれる脱毛症とどこが違うのかなど、よく知らない方もいらっしゃるかと思います。そこで本記事では、

  • 壮年性脱毛症に見られる特徴
  • AGAとの違い
  • 原因
  • セルフチェック
  • 対策法

の順に沿って、壮年性脱毛症について分かりやすく解説していきます。薄毛が気になる方や壮年性脱毛症について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

壮年性脱毛症の概要

壮年性脱毛症は30~50代で発症する進行型の脱毛症です。発症頻度は30代で20%、40代で30%、50代以降になると40%以上になると言われています。

壮年性脱毛症では、ヘアサイクルの1つである成長期(毛母細胞が分裂・増殖し、髪を成長させる時期)が短くなるため、太く長い髪が育ちにくくなります。毛髪の数は変化しないものの、髪の毛1本1本の面積が小さくなることで、徐々に頭皮が目立ち始めるのです。

短期間かつ部分的に髪の毛が抜ける円形脱毛症と比べると、壮年性脱毛症は広範囲にわたって少しずつ薄くなっていく脱毛症なので、気が付きにくいという特徴を持ちます。

壮年性脱毛症には6つの進行パターンがある

壮年性脱毛症の進行には6つのパターンがあります。以下6パターンのうち、いずれかに当てはまる場合は、壮年性脱毛症の疑いがあります。

Ⅰ型:全体が薄くなる
Ⅱ型:前頭部・頭頂部から後ろに向かって薄くなる
Ⅲ型:頭頂部からM字型に薄くなる
Ⅳ型:Ⅲ型に加え、頭頂部からも薄毛が進行する
Ⅴ型:頭の真ん中から徐々に後退する
Ⅵ型:頭頂部から輪が広がるように薄くなる

壮年性脱毛症の対策には、まず上記パターンと照らし合わせて症状が出ているかを確認することが大切です。

薄毛の進行を確認する際には、昔の写真と比較してみるのがおすすめです。また、頭頂部や後頭部など、自分では確認しにくい場所については、思い切って家族や親しい友人に頭髪の変化について聞いてみましょう。

壮年性脱毛症とAGA(男性型脱毛症)の関係性

壮年性脱毛症はAGAの一種であり、呼び名が異なるだけで発症する原因や症状に違いはありません。そもそもAGAは年齢に関係なく発症する進行型の脱毛症で、年齢によって呼び方を変えて区別しています。

30~50代に見られる「壮年性脱毛症」のほか、10~20代の「若年性脱毛症」、60代以降の「老人性脱毛症」があります。いずれにしても脱毛が進行する前、早めの対策が大切です。

壮年性脱毛症が起こる原因

壮年性脱毛症が起こる大きな要因のひとつに、ホルモンによる影響が挙げられます。その理由を解説する上で、まずは壮年性脱毛症が起きるメカニズムについて説明していきます。

男性ホルモン「テストステロン」が還元酵素「5αリダクターゼ」が結びつくと、脱毛ホルモンと呼ばれる「ジヒドロテストステロン(以下、DHT)」が生成されます。このDHTが「アンドロゲンレセプター」と呼ばれる細胞を構成する要素と結合することで抜け毛が進行します。

薄毛を予防するためには、頭皮環境の悪化やヘアサイクルの乱れを発生させるDHTの生成を抑制できるかがカギとなってきます。DHTの生成には遺伝的要因が大きく関係しますが、ほかにも生活習慣の乱れや過度なストレス、偏った食生活などが影響を及ぼすこともあります。

こんな抜け毛には要注意!壮年性脱毛症の簡単セルフチェック

髪にも寿命があり、壮年性脱毛症でなくとも時期が来ると自然に抜け落ちます。正常な抜け毛は全体的に太くハリがあり、毛根部分が膨らんでいる特徴があります。しかし壮年性脱毛症の疑いがある抜け毛には、以下の特徴が見られます。

  • 全体的に細い
  • 毛根がない
  • 毛根の形がいびつ(歪んでいる、尖っている)

このような特徴が見られる場合は、一度クリニックへの相談を検討してみましょう。また、1日に100本以上の髪が抜けている場合も壮年性脱毛症が起きている可能性があります。気になる症状が現れた際には、早めの対策を心がけるようにしましょう。

普段の生活から脱毛に備える!壮年性脱毛症への対策法3選

壮年性脱毛症は遺伝的要因だけでなく、生活習慣の乱れによるホルモンの乱れが原因となる可能性もあります。毎日の過ごし方を見直すことは、自分自身でできる対策法のなかでも即座に取り組むことができる手段です。薄毛、抜け毛が気になり始めた50代から60代の方は、以下で紹介する対策法を確認して壮年性脱毛症に備えておきましょう。

対策その1:生活習慣を見直す

睡眠不足や運動不足といった生活習慣の乱れは、ホルモンバランスの乱れにつながり、薄毛を招きます。また、不規則な生活は自律神経に影響を及ぼし、ストレスが溜まりやすくなる可能性もあります。

生活習慣を見直し、十分な睡眠時間の確保、良質な睡眠、そして適度な運動を心がけましょう。ホルモンバランスや自律神経が乱れにくくなり、髪への負担を軽減できるとともに、ヘアサイクルの正常化にもつながります。

対策その2:栄養バランスを考えた食生活

偏った食生活は、髪の成長に必要な栄養素が不足するため、薄毛を招きます。特にファーストフードや脂っこい食べ物、お菓子の食べ過ぎは頭皮の皮脂が過剰に分泌されるため、髪の成長を妨げます。

髪の成長に必要とされるたんぱく質、ミネラル、ビタミン、亜鉛などをバランス良く摂取して、健康的な髪を維持しましょう。

対策その3:ストレスを過剰に溜め込まない

適度なストレスは脳を活性化させたり、パフォーマンスを向上させたりと良い影響をもたらしますが、過剰なストレスは自律神経を乱し、頭皮の血行不良を招きます。

血行不良に陥った頭皮は髪の毛に十分な栄養と酸素を届けられなくなり、髪の成長を妨げたり頭皮環境を悪化させたり、さまざまなトラブルにつながります。ストレスは適度に発散して、溜め込まないようにしましょう。

今の生活にちょい足し!育毛剤で頭皮ケア

育毛剤は頭皮環境を整え、髪が抜けにくく成長しやすい環境を作ります。ドラッグストアやネット通販などで購入できるので、手軽に始められる薄毛対策の1つです。しかし、育毛剤は多くのメーカーから発売されており、どれを使うか悩んでしまうことも少なくないでしょう。

シーエスシーが開発した「ポリピュアEX」は、4つの有効成分(ニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、パントテニルエチルエーテル)を配合し、抜け毛を防ぎながら育毛と発毛を促します。

また、バイオポリリン酸をはじめとした保湿成分を配合しており、育毛剤による頭皮への刺激を抑えつつ利用できる商品です。

また、育毛剤は最低でも6ヶ月以上使用しないと効果を実感しにくい商品ですが、「定期お届けコース」「複数本セット」などを自社通販で展開しており、続けやすさにも配慮しています。

育毛剤で本格的に薄毛対策に取り組みたいとお考えの方は、ぜひ「ポリピュアEX」もご検討ください。

壮年性脱毛症かも……と思ったら早めの対策を!

AGAの一種である壮年性脱毛症は、進行型の脱毛です。円形脱毛症と比べると薄毛が徐々に進行していくため、気が付きにくいという特徴があります。

「最近、抜け毛が増えてきたような……」と思った時は、ぜひ抜け毛をチェックしてみてください。もし、以下のような特徴が見られた場合は、壮年性脱毛症を疑いましょう。

  • 全体的に細い
  • 毛根がない
  • 毛根の形がいびつ(歪んでいる、尖っている)

脱毛症、薄毛の進行は専門のクリニックで診てもらうことも重要ですが、生活習慣の改善や育毛剤でのヘアケアなど、日常的な対策も大切です。本記事でご紹介した対策法を参考に、ヘアサイクルの正常化、頭皮・頭髪環境の改善にぜひ努めてみてください。