頭皮について

育毛剤によって発毛を促す効果を高めるためには、頭皮環境を整えることが大切です。効果が高いとされる育毛剤を使用していても、毛穴に汚れや皮脂が詰まっていると成分を毛穴の奥(角質層)まで浸透させることができません。髪の毛は時間をかけて毛穴の奥深くで作られているため、表面の頭皮だけをケアしていても効果的とは言えません。

■効果的な育毛ケアをするためにも専門機関を利用しよう

自分の頭皮が健康であるかどうかを簡単に知るためには、特殊なカメラを使用すると効果的です。こうした特殊なカメラは自分で購入するのは難しいですが、病院などの専門機関や発毛サロンなどに置かれていることから、利用することが可能です。特殊なカメラを使用すると毛穴の状態を見ることができるので、汚れや皮脂が詰まっていないか、皮がめくれて炎症が発生していないか等を確認することができます。

育毛剤を使用する前に、自身の頭皮が健康な状態であるかどうかを確認しましょう。汚れや皮脂が詰まっている場合は洗髪でしっかりと汚れを落とせていない可能性がありますし、皮脂の分泌が過剰になっている可能性もあります。洗髪の方法や脂っぽい食生活をしていないかなど、生活習慣を見直しましょう。また、皮がめくれている場合は頭皮がひどく乾燥している可能性がありますので、頭皮や髪の毛の保湿を積極的に行う必要があります。

ヘアケアの専門機関や発毛サロンなどのカメラでチェックしてもらうと、専門的な知識を持ったスタッフが指導、アドバイスをしてくれるので、やはり専門的な知識を持ったスタッフの下で頭皮のチェックをすることをおすすめします。

■まずはセルフチェックをしてみよう

とはいえ、今すぐに専門機関や美容院でチェックすることができないという場合は、簡単なセルフチェックでも頭皮の状態を確認することが可能です。

頭皮の状態は、大きく分けると「オイリータイプ/脂性肌」と「ドライタイプ/乾燥肌」に分かれます。頭皮を指で触ってみてベタつきがあるという方はオイリータイプで、カサカサとしているという方はドライタイプです。オイリータイプは皮脂の分泌が過剰になっている可能性が高く、ドライタイプは油分がなく乾燥している可能性が高い状態です。

皮脂は多すぎても少なすぎても好ましくないため、適度な皮脂の量を保つ必要があります。ただし、自分にはどれくらいの皮脂が適量なのかをセルフチェックで知ることは難しいので、必要な皮脂量を知るためにはヘアケアの専門機関や美容院などを利用することも良いでしょう。

自身の頭皮の状態を知れば、どういった育毛剤が向いているのか、どういった点に注意して育毛ケアを行えば良いのかを知ることができます。

■髪の毛が傷んでいると頭皮はもっと傷んでいる

頭が硬い人のことを「石頭」といいますが、実は頭皮はすごく柔らかいのです。反対に意外かもしれませんが、頭皮よりも髪の毛の方が硬いといわれています。硬い髪の毛が傷ついている方の頭皮は、髪の毛よりももっと傷んでいる可能性があります。

髪の毛は傷んだ部分をカットすることで綺麗な状態を保つことができますが、頭皮は髪の毛とは違ってカットすることはできません。ですから、頭皮は髪の毛以上に丁寧なケアを行う必要があるのです。

髪型のおしゃれを楽しむためにカラーや脱色、パーマをして、毎日ワックスやムースを使ってヘアセットをしているという方も少なくありませんが、髪の毛だけでなく頭皮のことも考えるのであれば、カラーや脱色、パーマなどはなるべく控えた方が良いといえます。また、ワックスやムースの使用も控えるのが望ましいといえます。髪の毛や頭皮にとってベストなのは、カラーや脱色をせず、ワックスやムースも使用しない「ナチュラルな髪型」です。

とはいえ、ナチュラルな髪型でいるのはおしゃれな人には少し難しいといえます。そこで、日々のケアが大切になってきます。ワックスやムースを使ってセットをした日にはきちんと洗髪して汚れを落とし、カラーをする際には美容院などで専門家に依頼することでなるべく頭皮に負担をかけないようにすることが大切です。

※育毛研究に基づく見解記事です。
 育毛剤の効果を保証するものではございません。

「領収書」をご希望の方はコチラをご確認ください。


<クレジットカード決済の場合>

カード会社から送付される利用明細書が正式な領収書になります。
商品に同梱される納品明細書と一緒にご利用ください。
当店ではセキュリティ上の配慮からクレジット利用控は発行しておりません。

<代金引換の場合>

配送業者からお渡しする伝票の控えが正式な領収書となります。
商品の送付先のお名前が領収書の宛名となります。当店から別途領収書は発行しておりません。