育毛剤の正しい使い方

同じ育毛剤を使用していても、十分な効果が得られる人とそうでない人がいます。体質や頭皮の状態によって効果が現れやすい場合とそうでない場合もありますが、それだけでなく正しい使用法であるか否かということも効果の現れ方に大きな差を生じさせます。ここでは、育毛剤の効果を高める視点でおすすめの使い方についてご紹介します。なお、育毛剤によっては使い方が異なる場合がありますので、使用の際には説明書で確認する必要があります。

■洗髪をして髪や頭皮を綺麗にしてから使用する

頭皮に汚れや皮脂が溜まった状態では、いくら育毛剤を使用しても頭皮の表面から先に進めないため、育毛剤を使用する頭皮は清潔にしておくことが大切です。そのため、育毛剤を使用する前のシャンプーは丁寧に行いましょう。

まず、頭皮に汚れを残さないようにしっかりと洗い流します。しかし、ゴシゴシと洗うと頭皮を傷つけて乾燥する原因を作ってしまうので、洗髪をするときにはなるべく優しく頭皮をマッサージするように洗ってください。丁寧に頭皮をマッサージすることで頭皮の血行が促進され、育毛剤による効果が得られやすくなると言われています。また、水温にも注意が必要です。熱すぎるお湯や冷たすぎる水は刺激が強すぎます。人肌より少し温かい38度〜40度くらいのお湯で洗い流しましょう。しっかりとお湯で洗い流せば、髪の毛の汚れの大半は落ちますので、シャンプーの使用は少量でも問題ありません。洗髪するときは髪の毛や頭皮への負担を少なくすることが重要です。

■濡れた髪の毛や頭皮を放置しておくのはNG

洗髪をして髪の毛や頭皮が綺麗になったら、髪の毛を乾かしてください。濡れた頭皮は雑菌が繁殖しやすい状態ですので、洗髪後はすぐに乾かしてください。また、乾かすときはタオルでゴシゴシしないようにしてください。摩擦によって大切な髪の毛が傷ついたり抜けてしまいます。タオルドライの場合は、タオルで頭頂部ポンポンと叩くように。ドライヤーの場合は、生え際や根本から乾かします。

その後、いよいよ育毛剤を使用します。髪の毛を掻き分けて、気になる部分に直接塗布してください。

このとき、指の腹を使って頭皮をマッサージしながら塗布することで、血行が良くなり成分が頭皮に馴染みやすくなります。

■間違った使い方をすると、効果が得られない

何種類もの育毛剤を併用して使用するのはあまり好ましくありません。事実、育毛剤は併用することを目的として作られていません。そのため、併用したときの効果や安全性は立証されていません。中には相性の良いものもあるかもしれませんが、併用することでマイナスの影響が出てしまう可能性もセロではありません。また、継続ケアの一番の敵であるコストもかかるため併用はおすすめできません。自分の頭髪状態に合ったものに絞ることが大切です。

※育毛研究に基づく見解記事です。
 育毛剤の効果を保証するものではございません。

「領収書」をご希望の方はコチラをご確認ください。


<クレジットカード決済の場合>

カード会社から送付される利用明細書が正式な領収書になります。
商品に同梱される納品明細書と一緒にご利用ください。
当店ではセキュリティ上の配慮からクレジット利用控は発行しておりません。

<代金引換の場合>

配送業者からお渡しする伝票の控えが正式な領収書となります。
商品の送付先のお名前が領収書の宛名となります。当店から別途領収書は発行しておりません。