育毛剤の歴史

今でこそ様々なメーカーから様々な育毛剤が販売されていますが、ほんの10年ほど前には現在ほど多種多様な育毛剤は販売されていませんでした。育毛剤がこれほどまでに普及したのは、わりと最近のことなのです。しかし、薄毛や抜け毛の悩みは古くから世界中で存在していて、現代の人と変わらず昔の人々にとっても非常に大きな悩みでした。

■エジプト人は薄毛に悩んでいた!?

現在知られている最も古い薄毛の処方は、約5500年前にエジプトで行われていたものです。当時の日本は、縄文時代でした。氷河期が終わるとともに温暖化が進み、落葉広葉樹の森が広がり、どんぐり類や栗、くるみなどが収穫できるようになりました。また、海面が上昇し魚介類も豊富に生育できるようになってきた・・・そんな頃、エジプトではすでに薄毛への処方が行われていたのです。最初の育毛法がどういったものなのかは具体的には分かっていませんが、どうやら酸化鉄の混合物に蜂蜜などを混ぜていたものを飲んでいたそうです。

なお、エジプトで発見されたミイラの多くはカツラを装着していたそうです。この頃からカツラは重要な存在だったようです。

■日本では、1970年代に普及

エジプトでは古くから様々な方法で育毛が試みられていたようですが、日本でも平安時代の初め頃からカツラが使用されていました。この頃から「長くてツヤのある黒髪」は美人の条件とされており、女性の髪の毛は特に大切にされていました。

後の1800年代には、ヘビなどの動物の油分に育毛効果があるとされたり、お茶やレモンを頭皮に擦るなどの育毛法が行われていましたが、これらには科学的根拠がなく、効き目もなかったそうです。

それからも様々な独自の育毛法が行われてきましたが、育毛剤として全国的に普及するようになったのはわりと最近のことで、1970年代に入ってからです。この頃、高度経済成長期を迎えた日本の各家庭にはカラーテレビが普及し、テレビCMの効果で世の中に育毛剤というものが知られるようになりました。

それから、各メーカーで研究が行われるようになり、徐々に育毛剤の使用が一般的になってきました。この世にテレビが登場していなかったら、現在のようにたくさんの育毛剤が登場することはなかったかもしれません・・・。

■育毛剤が進化しても、基本ケアは変わらない

近年では、薄毛や抜け毛に悩む女性も多く、男性用の育毛剤だけでなく女性用のものも販売されています。また、スカルプシャンプーやサプリメントなど様々な育毛商品が登場するようになりました。さらに、病院や専門の発毛サロンを利用して育毛ケアを行う方も増えてきていることから、今後も育毛の需要はますます高まっていくといえます。

近年では昔と違って様々な育毛法が登場しており、様々な薄毛や抜け毛の悩みも対応できるようになっています。とはいえ、育毛剤や病院、または発毛サロン等を利用することで必ずしも薄毛や抜け毛の悩みが解消できるというわけではありません。なぜなら、薄毛や抜け毛の原因には生活習慣も大きく関係しているからです。つまり、効果が高いとされている育毛剤を使用していても、食事の栄養バランスが乱れていたり大きなストレスを抱えていれば、思うような育毛効果が得られない可能性があります。そのため、薄毛や抜け毛に悩んでいる方は、まずは自分の生活習慣を見直すことも重要です。今の生活習慣の中で、食事の栄養バランスが偏っていませんか?適度な運動はしていますか?タバコを吸っていませんか?お酒を飲み過ぎていませんか?ストレスを抱えていませんか?上記の質問にひとつでも当てはまった場合は、育毛のために生活習慣から改善する必要があります。いくら時代が進んでも、「規則正しい生活を送る」という基本的なケアが大切であることに変わりはありません。

※育毛研究に基づく見解記事です。
 育毛剤の効果を保証するものではございません。

「領収書」をご希望の方はコチラをご確認ください。


<クレジットカード決済の場合>

カード会社から送付される利用明細書が正式な領収書になります。
商品に同梱される納品明細書と一緒にご利用ください。
当店ではセキュリティ上の配慮からクレジット利用控は発行しておりません。

<代金引換の場合>

配送業者からお渡しする伝票の控えが正式な領収書となります。
商品の送付先のお名前が領収書の宛名となります。当店から別途領収書は発行しておりません。