育毛サイクルについて

「最近薄毛が気になっている」「ハゲないか心配だ」こういった悩みを抱えている人は少なくありません。それでは、日常生活の中で薄毛が気になるタイミングはどこにあるのでしょうか。多くの人は、自分の抜け毛を見たときに心配になるようです。たとえばシャワーを浴びた後に排水口を見ると髪の毛があった、あるいは朝起きたときに枕に抜け毛があった。こういったタイミングで、もしかしてハゲてきたかも……?と感じるのです。もっとも、抜け毛があるからといって直ぐに薄毛と断定するのはいささか早計といえます。全く問題ないと決めつけるのも好ましくありませんが、抜け毛自体をそこまで怖がる必要はありません。なぜなら、髪は抜けるべくして抜けているからです。

■抜け毛が起こるメカニズム

髪の毛が抜けるべくして抜ける、とはいうものの、当然ながら全ての抜け毛が必然的に抜けているというわけではありません。この違いを知るためには、まずは髪の毛のメカニズムについて知る必要があります。

何故髪の毛が抜けるのか、これにはヘアサイクルというものが大きく関わっています。ヘアサイクルとは髪の毛が生えてから抜けるまでの一連の流れのことで、健康な髪の毛はこのサイクルにしたがって生え変わります。なお、髪の毛には成長期、退行期、休止期という3つの期間があります。

・成長期

成長期は、文字通り髪の毛が成長する期間です。3つの期間の中では最も長く、2〜6年程度とされています。健康的な髪の毛は1年に15センチ程度伸び、成長期が長ければそれだけ髪は長く成長します。

・退行期

退行期では、髪の毛の成長が止まり、毛球の退縮が始まります。この退行期は2週間程度で、最終的には毛球が完全に退化します。

・休止期

休止期になると、毛根の位置が浅くなります。その奥で新しい髪の毛が成長を始め、これに押し出されるようにして古い髪の毛が抜け落ちます。この休止期は、3〜4ヶ月程度となります。

このようなヘアサイクルがあるため、抜け毛が起こること自体は全く問題ではありません。1日に100本程度の抜け毛であれば、一般的なヘアサイクルの範囲内だといえます。

■ヘアサイクルの乱れ

抜け毛自体は、ヘアサイクル上で当然のことといえます。とはいえ、この数があまりにも多い場合には、ヘアサイクルに何らかのトラブルが発生していると考えるべきです。ヘアサイクルが乱れる理由は様々ですが、たとえば生活習慣の乱れやタバコ、ストレスなどが考えられます。バランスを考えた食事や規則正しい睡眠、適度な運動などによって健康的な生活を送っていれば、ヘアサイクルが乱れる確率は少なくなります。しかし、こうした理想的な生活が偏ることで、ヘアサイクルに悪影響が及ぶようになります。

タバコのニコチンには血管を収縮させる効果があり、これによって髪の毛に栄養が送られにくくなります。こうした栄養の不足も、ヘアサイクルや抜け毛にとっては悪影響です。ストレスは身体全体にとって良い影響をもたらさないものであり、髪の毛についても同じことがいえます。ストレスを溜め込んでいると、ヘアサイクルの乱れを引き起こします。

こういったことから、薄毛や抜け毛を防ぐためには、健康的な生活を送るのが大切だということがわかります。

■ヘアサイクルと育毛剤

ヘアサイクルを知った上で育毛について考えてみると、どのタイミングで育毛剤を使うのが理想的であるかを知ることができます。育毛剤を使用するのに適しているのは、髪の成長期です。なお、もしも育毛剤の効果が見られなかった場合、それは退行期や休止期であった可能性もあります。1ヶ月程度使用しただけでは休止期と重なる場合があるため、育毛剤は数ヶ月使い続けることが望ましいといえます。こうして効果的な育毛サイクルを見つけることができれば、順調な育毛生活が期待できます。

※育毛研究に基づく見解記事です。
 育毛剤の効果を保証するものではございません。

「領収書」をご希望の方はコチラをご確認ください。


<クレジットカード決済の場合>

カード会社から送付される利用明細書が正式な領収書になります。
商品に同梱される納品明細書と一緒にご利用ください。
当店ではセキュリティ上の配慮からクレジット利用控は発行しておりません。

<代金引換の場合>

配送業者からお渡しする伝票の控えが正式な領収書となります。
商品の送付先のお名前が領収書の宛名となります。当店から別途領収書は発行しておりません。